KODA祭について

 

開催日時・場所

開催日:6/9(土)~6/10(日)

時間:10:00~16:00

場所:一橋大学国立キャンパス

KODAIRA祭概要

例年6月に一橋大学国立キャンパスで開催される学園祭で、新入生が主体となって参加しています。クラス単位での模擬店の出店・ステージ企画への参加、もしくは祭を創り上げる実行委員としての参加などを通じて、新入生たちがお互いの絆を深める絶好の機会となっています。学内では新歓期の締めくくりとしても認識されています。さらに、有名人を招いた講演会や黄本で有名な受験生応援企画、お子様も楽しんでいただける企画などがあり、毎年多くの方にご来場いただいています。

委員長挨拶

学園祭、と言われれば皆さんはどのようなものをイメージするでしょうか。模擬店やクラスの出し物、華やかなステージなど様々なイメージが頭に浮かぶでしょう。KODAIRA祭もそのようなごく一般的な学園祭のイメージと違わずたくさんの企画や模擬店が祭りを彩ります。しかしながら、その学園祭の運営のほとんどを1年生が中心となって行っているとなればどうでしょうか、他とは少し変わった学園祭と言えるのではないでしょうか。ましてや6月の上旬、まだ大学に入学したてで右も左もわからない、そんな新入生達が学園祭を作り上げるというのは極めて珍しいでしょう。このような学園祭は全国の大学を見渡しても一橋大学だけではないでしょうか。さて、KODAIRA祭が今年掲げるテーマは「ハジケロ。」です。一橋大学の1年生が最もハジケている姿をたくさんの人々に見てもらいたい、そんな願いを込めました。ぜひ来場者の皆さま方にもハジケる新入生達と一緒に祭りを楽しんでいただきたいと思います。

第22回KODAIRA祭実行委員長 小山 真澄

KODA委員になるには

KODA委員になるには

① 3月25日・31日の「サークル紹介」のKODAIRA祭ブース(東キャンパス1号館の1402教室)、もしくは4月3日のクラスオリエンテーションで委員になるための申込用紙を手に入れる。「サークル紹介」では、KODA委員について2年生委員が詳しく説明します。

② 4月1₋3日の9:30~18:00の間に、申込用紙を持って、西講義棟談話スペースで手続きをする。

③ 定員を超える申し込みがあった場合抽選を行う。4月4日の午前中に申し込み時に記入してもらったメールアドレスに抽選結果をメールで通知する。また公式HP上でも抽選結果を学籍番号にて発表する。

④ 当選の知らせを受けたら4月4日の17:00から401教室(西講義棟四階)で行われる1年生委員ガイダンスに出席する(欠席の場合は随時対応する。)。

KODA委員のルール

・活動期間である4月から6月上旬までの期間はKODAの活動を優先すること!!
・毎週火曜・木曜はミーティングのために必ず予定をあけるこ と!!
・クラスとしての参加はできません!歌うまへのイベントへの出場、屋台の運営などや、講演会の閲覧もできません!!

KODA委員の勧め

「大学生活」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?勉強、サークル、バイト、・・・・・、新入生の皆さんが期待を膨らませるものばかりでしょう。

しかしその一方で、大学生活にちゃんとなじめるか、友達をつくれるのかといった不安を感じる人も少なくないでしょう。

そんな新入生のみなさんの、大学生活の初めの一歩としておススメなのが…

「KODAIRA祭(KODA祭)実行委員」になること!

KODA委員として募集される新入生はなんと150人ほど。委員会の仕事をこなす中で たくさんの友達ができること間違いなしです!

また、体育会やサークルと兼ねながらKODA委員になる人も多く、自分の時間をしっかり確保できることもKODA委員の魅力の一つです。

KODAIRA祭に向けて2ヵ月の間、お祭りを「作りあげる」経験をしてみませんか?

昨年の様子

取り組み

◆はじめに

現在、環境問題は世界規模の無視できない問題となってきています。そのためどのような組織においても多くの場面で『環境にやさしい取り組み』を行っていくことが求められています。
それは多くの廃棄物が排出される学園祭においても例外ではなく、当学園祭実行委員も当学園祭を『環境にやさしい学園祭』とすべく「PROJECTecoDAIRA」と題し様々な取り組みを行っております。以下ではそうした取り組みを紹介しております。

◆具体的な取り組み

ごみの分別

KODAIRA祭では来場者の方に、ごみの7種類分別にご協力いただいています。 分からない場合にはごみセンター(※キャンパス内でごみを回収する場所)に担当委員がいますので、遠慮なくお聞きください。 リサイクルが適切に、効率的に行われるためにも理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

可燃ごみ不燃ごみ生ごみ缶とビンペットボトルエコトレー割り箸 また、委員会として上記とは別に細かい分別項目ももうけています。 参加団体の方は、ご協力をお願いします。

エコトレーの使用

使い終わったら、表面のフィルムを剥がすことで、トレーそのものをリサイクルすることのできる容器、「クロスワードパズル」を使用しています。 フィルムのはがし方 KODAIRA祭では多くの模擬店にエコトレーの使用をお願いしています。 来場者の皆様には、ごみセンターにおいて、このフィルムを剥がしていただいています。エコを体感していただけたら幸いです。 ※表面のフィルムは不燃ごみとして処理します。

割り箸について

国産の間伐材を福祉施設の方が加工した、樹恩割り箸を使用しています。 間伐材を使用することで、過度な森林伐採を防ぐことができています。また、使用後の割り箸は製紙工場において、新たな紙製品にリサイクルされます。

廃油リサイクル

KODAIRA祭では、模擬店から食用油を回収し、リサイクルしています。回収した廃油は、業者で高精度に精製され、再生油として工業用油脂や代替燃料に生まれ変わります。

エコ企画

多くの方に、環境に配慮した取り組みを知っていただくために、エコ企画として「エコスタンプラリー」を実施しています。

東キャンパスの清掃

今年度のキャンパス清掃は6月4日(月)を予定しています。 後日、詳細について、お知らせいたします。更新まで、しばらくお待ちください。

公式テーマ・ロゴ

Placeholder image
「第22回KODAIRA祭のテーマ・ロゴについて」 大学に入学したての新入生が一生に一度しかない新歓期をはじけてもらいたいという理由から、テーマを「ハジケロ。」に決定いたしました。今年のロゴは、全体テーマの「ハジケロ。」を意識しつつアメリカンポップな雰囲気をひと目で感じられるようなデザインに仕上げました。 新しく生まれ変わったKODAIRA祭を是非お楽しみください。

公式キャラクター

Placeholder image