二次試験対策

国語

<大問1 現代文>  一橋大学の国語の大問1は現代文の読解である。設問は大きく分けて、「漢字」、「表 現を問う問題」、「内容を問う問題」の3つに分類され、「内容を問う問題」は本文の構 造、すなわち意味段落分けに沿って出題されている。したがって、本文を読む際には意味 段落分けを行いながら読み進めるべきである。本文を読みながら設問を解く受験生もいる ようだが、少なくとも一橋大学の入試問題では不可能と言ってよい。実際に意味段落分け を行った上で設問を見てみると、原則各意味段落に1か所傍線部が設けられており、これ は各意味段落につき1問ずつ設問があることを意味している。すなわち、意味段落の個数 と「内容を問う問題」の個数が一致する。このようにして、本文の内容を漏れなくかつダ ブりなく問えるように設問が用意されているのである。先ほど述べた「各意味段落に傍線 部が1か所」「各意味段落に問題が1問」、したがって「意味段落の個数=『内容を問う問 題』の個数」の原則から外れ、傍線部が設けられず、一見すると設問が用意されていない 意味段落もあるが、そうした意味段落の内容は他の「内容を問う問題」の答えに使うもの であり、やはり本文の内容を漏れなくかつダブりなく問うように設問が用意されているの である。また、こうした問題の字数制限はかなり少なくシビアであり、設問の答えに必要 な内容を過不足なく簡潔にまとめる能力が要求されている。最後に「漢字」だが、例年、 一橋大学を受験するような受験生であればかけて当然(?)の簡単な漢字から出題されてお り、センター程度の対策で十分だろう。しかし、2018年度は「賄う」「肥沃」と言ったや や難しい漢字も出題されており注意が必要である。 <大問2 古典分野>  古典分野と言っても、近代文語文、古文、現古融合文というように多種多様な形式で出 題される。しかし、2016年度(この年には『源氏物語』を題材とした現古融合文が出題さ れた)を除き全てに共通することは全て近世・近代以後からの出題であることであり、い わゆる「古典」と言われて想像する奈良・平安時代の文学などよりは読みやすいものだろ う。極論すれば、大問2は「文語調で書かれた現代文」が出題されると言え、本文の内容 自体や設問の要求は大問1のそれより遥かに簡単であるため、大事なことは文語調の文章 に慣れることである。多くの問題を解き散らかすのではなく、1つの問題を解いたらその 本文を繰り返し音読することが早く慣れるコツである。 <大問3 要約問題> 最大の難所、要約問題である。例年、字数制限は200字であり、(過去に1度だけ250字の 年もあったが)これはこれからも変わらないだろう。そもそも、なぜ大学入試で現代文の 試験が設けられるのかと言えば、「文章を正しく読む力」を問うためである。そのために 、<大問1 現代文>でも述べた通り意味段落ごとに設問を用意し、本文の構造と内容を 受験生が正しく読めているのかを試している。その極めつけが大問3の要約問題であり、 本文全体の構造と内容を「要約しなさい。」のたった1問で問うているのである。したが って、要約の答えには本文全体の構造と内容を漏れなくかつダブりなく反映させなければ ならない。しかし、たった200字という少ない字数制限でこれを行うのは決して簡単なこ とではない。こうしたとき助けとなるのは、やはり意味段落分けであり、「正しい意味段 落分け」と「意味段落同士の関係性の把握」ができれば本文全体の構造と内容を漏れなく かつダブりなく200字に反映させることができるようになる。「意味段落同士の関係性の 把握」だが、これは各意味段落の冒頭に注目するとできることが多い。例えば、各意味段 落冒頭の接続詞は直前の意味段落との関係性を直接示す言葉に他ならないし、各意味段落 の冒頭で直前の意味段落の内容を筆者自身が要約していることがあり、こうした際にはこ れらを答えに反映させない手はないだろう。

数学~得意な人へ~

▽はじめに ごめんなさい!はじめに懺悔します!書いてる人、数学そんなに得意じゃないです。正 確に言うと、高校時代はダントツで数学出来たし好きだったけど、一橋に来て上には上が いると思い知った勢です。井の中の蛙大海を知らずとはよく言ったものです。私のことで す。まあ、それだけ一橋には数強が多いということですね。そんな数強揃いの一橋で数学 で勝負したいという人!他教科も抜かりないようにね、この記事は参考程度にしてくださ い。 ▽傾向 とりあえず一橋の数学の特色のお話でもしますね。大問は5つ。全問記述式です。頻出 範囲は「整数」「確率」「微分積分」「図形」「ベクトル」です。難易度もさることながら注意すべ きは時間制限と解答欄かと思います。試験時間の120分でとるべき問題と捨てる問題を判 断し、記述答案を完成させるのは厳しいと思います。普段から時間を計りながら減点され ないような回答を作る練習をしましょう。また、解答欄が全問記述式のわりに狭く、当日 焦るかもしれません。そのためにも一橋オープンや実戦は受けておきましょう。一橋の数 学はただ正しい答えを導く力だけでなく、論理的に簡潔に論述する力が求められます。日 頃からその点を意識して演習を積むことをおすすめします。学部ごとに傾斜配点は異なり ますが、数学が得意なみなさんは志望学部に関係なく高得点狙っていきましょう!!おね えさんとの約束だ! ▽対策 基礎をしっかり、と言ってもここを読んでいる人は基礎なんて完璧かな?それでも意外 と基礎にまだ穴があり、本番で足をすくわれるものですよ!まあとりあえず基礎に立ち返 り穴がないか確認しましょう。『青チャート』や学校配布の問題集で充分だと思います。 基礎を再び固めなおしたら、次は少し応用の効いた典型問題に手を出していきましょう 。『文系数学の良問プラチカ』がやはり王道なんですかね。自分で選んだものがいちばん 良いですが、迷ったらこれで間違いはないと思います。この時点で難しいと感じたら驕ら ず基礎に戻りましょう。意外と抜けてしまうところってありますよね。それを見つけられ ただけでも大きな前進です。後戻りではありません。典型問題に歯が立たなくても、あっ っっぶね弱点みつけたラッキー!!!!くらいの気持ちでいきましょう。こんな風に、基 礎と応用を行き来して確実に解ける問題を増やしていきましょうね! はい、一通り受験数学の問題を解き、確実に土台が固まったというところで、やっと二 次対策(過去問)にいきますよ!最初は歯が立ちません。当り前じゃないですか。でもだん だん慣れてきて手応えを感じられるようになります。解法パターンを掴めたりします。過 去問対策は人それぞれ。1問にじっくり時間をかけてもいいし、ひたすら量をこなすのも 全然アリです。自分にあったスタイルを見つけてください。飽きたら一橋の頻出範囲の分 野の東大・京大の過去問解くのも勉強になると思います。センター対策は、安定して8割9 割取れてるならほんとに直前で大丈夫だよ。 数学得意なら、少なくとも苦手な人よりは合格に近いと思います。自信持っていきまし ょう!頑張ってください!!

数学~苦手な人へ~

一橋の数学は文系ではトップクラスの難しさであり、多くの人が学習を進める中でそれ を実感しているでしょう。しかし、数学の出来が合否を決める重要なファクターであるこ とは疑いありません。そこで、どのようにして苦手な数学で得点するのか考えたいと思い ます。  まず大切なことは、基本事項を着実に習得していくことです。高校や予備校で使用して いるテキストや、『青チャート』などの基本的な参考書を用いるのがよいでしょう。受験 生の失敗としてありがちなのは、自分には基礎力が十分ついていると思い込み、闇雲に問 題演習をこなすことです。残念ながらこの方法では実力が付きません。入試本番の約半年 前、即ち夏までは基礎力強化を徹底し、問題の解法を覚えてしまうくらいがちょうど良い と思います。筆者の場合は、予備校のテキストの復習を授業後・授業の1か月後・夏休み の3回に分けて行いました。  同時に必要なのが別解の検討です。もちろん「定石」通りに考えれば解ける問題もあり ますが、一橋の数学にはより高水準な問題が数多くあります。こうした問題に取り組む際 には、多角的な視点でアプローチしていくことが求められます。複数の解法を想定してお くことで、1つの考え方に拘泥せず柔軟に対応することが可能になるでしょう。ただ解け ればいい、というのは入試本番でやることであって、普段の勉強では少しでも「道具」を 増やすのが大事だと肝に銘じてください。  また、以前出た問題の類題を出題することの多い一橋の数学では、過去問演習が非常に 重要です。夏休みまでに基礎力を身に付けた後は、どんどん過去問を解いていきましょう 。しかし、漫然と年度別に問題を解いていく作業に意味はほとんどありません。まずは分 野別に問題を整理し、難易度の低い問題から順に解いていくと効果的だと思います。個人 的にはオススメしませんが、入試が近づいても基本問題が解けない分野がある場合、その 分野を「捨てる」のも戦略の1つだと思います。もちろん、数学の失点をほかの科目でカ バーできるという条件はつきます。分野別に解法を整理することができたら、いよいよ年 度別に解いてみましょう。これはセンター試験後でも遅くないと筆者は考えています。こ うした過去問の立ち位置に鑑みて、社会学部志望ならば10年、その他の学部を志望するな ら15年分程度は解く必要があるでしょう。  模試の利用方法についても少し触れておこうと思います。「全国模試」や「全統模試」 といった類のものでは、実力を測ることに徹しましょう。一橋の冠模試では、上記のこと に加え、時間配分・解答用紙の使い方・問題を解く順番などに留意すべきです。実際に受 ければわかると思いますが、すべての問題に手を付けようとするのは「数弱」の人にとっ て得策ではありません。模試の結果が返却された後は、模範解答と自分の答案の違いをし っかり分析してください。  長くなりましたが、数学を制する者が一橋を制すると言っても過言ではありません。こ の記事はあくまで1つの意見だととらえ、自分なりの勉強法で合格を勝ち取ってください!

英語~得意な人へ~

まず一橋の英語の試験形式を確認しておこう。例年、第1問、第2問は700語から1000語 程度の総合的長文問題、第3問が文法問題、第4問がライティング、第5問がリスニング問 題となっている。英語力が万遍なく試されるバラエティ豊かな問題ですねぇ(白目) 個別に対策をみていこう。第1問と第2問の長文読解だが、和文英訳、内容理解の選択問 題、英文の要点記述問題、文法、語法問題などなど、よく見る問題の詰め合わせとなって いる。一橋の英語対策という面で大事なのは作者の主張を踏まえ、結局何が言いたいのか 要点を捉えることである。作者の展開する具体例や対比、比喩表現などを読み解き、要旨 を捉えることを念頭に置き、演習するようにして欲しい。いくら部分的に内容が理解でき ても意味はなく、全体として文を理解しない限り高得点は望めない。また一橋の長文は問 題もさながら文自体が非常に難しい。テーマは社会問題などについて論じたものなどが多 く、日本語で読んでも難しいことがあるし、語彙力もネイティブが使用する比喩表現が含 まれており高いレベルが求められている。具体的に何ををどう勉強したか、自分のケース を紹介する。まず、基礎的な単語、文法、構文について。単語は鉄緑会が出している、鉄 壁words&phrases を何周もして詰め込んだ。この単語帳のいいところは1つの単語の元の 意味、core meaningをイメージから掴むことができる点である。イメージで単語を掴むこ とで、単語帳に載っている単語の日本語訳に縛られ、文意が理解できないということがな くなる。次に文法対策であるが、自分は基本的な文法事項を予備校の授業、学校の授業で 理解したあと、next stageという参考書を、問題をみて秒で解答できるレベルまで何周も やりこんだ。センター試験の第2問なども秒殺できるようになったので、脳筋なやり方で はあるが効果的であった。構文の対策はあまり参考になるものをあげることができない。 というのも構文の基礎的な部分は予備校の授業に頼りっきりであったからである。構文理 解の演習に関しては、市販の参考書、ポレポレと英文読解の透視図を強く勧める。ただし 、どちらも非常に難しいし、後者はかなりボリュームがあるので、それ一辺倒になりがち だが、他の科目などと勉強のバランスをとるようにして欲しい。また長文の演習もして欲 しい。自分は一橋の過去問を25年分ほど演習し、阪大や東京外語大などの過去問も演習素 材として使用し、読み終わった英文は理解できなかったところを徹底的に復習し、全体を 音読していた。音読は読むスピード、英文処理スピードがあがるので、非常におすすめで ある。 第3問の文法問題についてみていこう。ここ数年は文整序が出題されているが、かつて 誤文訂正なども出題されたことがあるので、総合的な文法力を上げておこう。並び替える 単語のレベルが高かったり、なかなか難しくはあるが、確実に得点できるように準備して もらいたい。対策は上記のものによって概ねできる。 第4問のライティングについて。一橋の入試では数年前までアカデミックライティング のようなものが求められていて、与えられたテーマに反対か賛成か理由と共に130語から 150語で書くというものだったが、ここ3年は英語で手紙を書けだの、ニュース原稿を書け だの、しかも語数も100語から130語までに削減されるだの傾向が変わってきている。それ を踏まえて対策をみていきたい。ライティングはまずいきなり100語だとか200語の長いも のを書いて練習するのではなくて、まず英語表現の幅を広げるところからはじめるべきで 、英語での言い回し、フレーズをインプットするという作業をするべきである。その後、 文章全体を構成する練習をするべきである。参考書をいくつか上げておこう。竹岡の英作 文が面白いほどかける本、宮崎の今すぐかける英作文、ドラゴンイングリッシュ、どれも 非常に使い勝手が良いので是非手にとってほしい。全体的なライティングの練習自体は過 去問を使って演習するのが良いと思う。問題数が豊富な上、何度も同じテーマを書き直す ことも有効であるから。なお書いた英文は出来る限り、添削を受けるようにしてほしい。 自分では訂正できないミスが実はたくさんあったりする。 最後に第5問リスニングについて。一橋ではいままでディクテーションなどが出題され ていたが、今年からかなり昔の形式に戻って、選択式の問題となった。具体的にどのよう な対策をするかみていこう。まず英文を音読することを対策の1つとしてあげておきたい 。人は自分が発音できる音は認識し、聞き取ることができるが、できない音は認識できな いからである。あらゆるレベルの長文を演習したあとに音読してほしい。長文対策でも処 理スピードが上がるという理由で、これを勧めたが、リスニング試験の対策としても有効 なので是非活用してほしい。音読だけではもちろんダメで、まずセンター試験の過去問で 耳をならし、リスニング問題に慣れてほしい。そして次に一橋の過去問に挑み、復習の段 階でスクリプトと照らし合わせて、どの音が、どの単語が、どのフレーズが聞き取れてい ないのかチェックして、自分で発音できるようになってほしい。過去問がもしなくなった のであれば、キムタツの東大英語リスニングという参考書を手にとって演習して欲しい。 東大の過去問であるが、難易度は似たようなものなので、有効であると思われる。

英語~苦手な人へ~

どうも、英語苦手マンです。文系なのに、英語が苦手…と悩んでいる一橋志望の受験生 の方、安心してください。英語が苦手でも受かることができた私が、どのように英語を克 服していったのかを教えます まず英語が苦手な人がおろそかにしがちなのが、単語です。みなさんはもちろん単語帳 は持っていますよね?今開いてみて自分の単語帳がどれくらい汚れているか、ボロボロに なっているかちょっと確認してみてください。ボロボロになっている人は単語に関しては 問題ありません。ボロボロになっていないそこのアナタ!今すぐ単語帳を開いて勉強して ください。英語は単語が命です。一橋レベルの英語試験では、かなり高いレベルでの単語 力が試されます。いちいち長文読解の途中で単語の意味が分からなくて突っかかっている ようでは時間の無駄です。単語帳の赤文字部分だけじゃなくて、しっかり細かく深いとこ ろまで覚えるようにしましょう。 単語が完璧になったら、次は文法です。文法は参考書を買ってこれまた単語と同じく徹 底的にやりましょう。単語と文法は両輪です。どちらかが欠けたら途端に長文が読めなく なります。文法構造やイディオムを覚えるのは大変ですが、頑張って覚えていくしかあり ません。ちなみに私は『Next Stage』一冊を徹底的に周回しましたが、自分に合ったレベ ルの参考書であればどれを使っても構いません。とにかくよく読み込んで頭に入れましょ う。 さて、単語と文法をマスターしたらいよいよアウトプットです。まずは読解から。一橋 の英語は、例えば和訳問題だと単純に下線部の部分だけを訳せば良いわけではなく、その 前後の文及び文全体から推測して訳さなければいけない問題があったりし、思考力の試さ れる問題がとても多いです。そういう問題に慣れるにはとにかく過去問を解くことにつき ます。長文で点を落とさないようにするには、最低でも過去問を五年分は解き、英語の先 生に添削をお願いするのが良いでしょう。また、『やっておきたい英語長文』シリーズな ども積極的に解いていきましょう。 次は作文です。一橋の英語における作文は大問をまるまる一個使い、配点もおそらく高 いとても重要な問題です。作文は過去問(他大も含めて)や、参考書の問題を解き、こち らも英語の先生にしっかりと添削してもらいましょう。作文は客観性が大事なので、先生 からのアドバイスは素直に受け止め、活かしていくことが必須です。 最後はリスニングです。近年の一橋リスニングは易化傾向にあるとはいえ、侮ってはい けません。センター試験用、英検用のCDも活用しながら英語の声に耳を慣れさせることが 肝心です。洋楽を和訳を見ながら聴くのもいいですね。 ここまでしっかりと勉強をこなせたらあとは自分を信じるのみです。英語に自信がない 人はとにかく努力を毎日続けることが合格への近道です。来年の春に皆さんと笑顔で会え る日を楽しみにしています。以上、英語苦手マンでした!!!

世界史

一橋の二次試験の世界史は本当に難しいです。400字×3題ということで圧倒的な記述量 に加え、時には受験レベルをはるかに超えた問題も出題されます。具体的にどのような勉 強をすれば一橋の世界史と戦えるようになるのかをここでは書いていきたいと思います。  まず、通史の勉強法についてです。通史はなるべく早い時期から勉強を始めて、高3の 夏休み前には一通りできている状態が望ましいです。夏休み中に一橋の過去問に手を付け られると二次試験本番には十分に間に合うと思います。通史を勉強するときの注意点とし て、決して1問1答形式で勉強してはいけないということです。よっぽどの天才でもない限 り1問1答で覚えたとしても答案用紙に文章として書き起こすことはできないと思います。 通史を学ぶときは人名や戦争の名称が出てきたときに関連事項をまとめて覚え、同時に教 科書や参考書を見ながらでもいいので文章として書き起こし、自分の口で説明してみるこ とがオススメです。  次に、文化史や地域史についてです。おそらく勉強していると最も扱いに困ると思いま す。センター試験で出題されることは勿論、一橋の世界史でも出題される年度もあります 。正直、何の脈絡もなしに覚えさせられるので興味が湧かなければ覚えるのが難しいと思 います。なので、覚えられそうになければ捨ててしまうのも1つの手です。一橋の二次試 験で出題されたとしても周りの受験生もできません。潔く捨てるという選択肢を持つこと も受験戦略の1つだと思います。  最後に、過去問の勉強の仕方についてです。当たり前のことですが、過去問を解いたら 、学校の先生でも塾の先生でもいいので身近な世界史に精通している方に添削してもらう ことを忘れないようにしましょう。添削はただ単に知識の抜けや誤りを発見できるだけで なく、文章を書くこと自体のレベルアップにつながります。日本語で正しい文章を書く能 力が身に付いていないと折角知識を持っていても相手に伝えることができません。文章構 成能力もしっかり身につけましょう。また、年度は遡れるまで遡って解きましょう。ネッ トには1970年代くらいまで載っています。過去問を解いていくうちに一橋の好きな分野が 分かったりしてきて、対策がし易くなってくると思います。  終わりに、一橋の世界史はある程度分野が偏っているので過去問分析が重要になってき ます。一番重要なことは、しっかりと日本語で400字の記述を書けるようになることです 。多少知識が不足していても日本語でしっかり相手に伝わるような文章を書くことができ れば点数は確実にもらえます。しかし、知識があっても相手に伝えることができないよう な文章を書く人は点数がもらえません。記述とは採点者とのコミュニケーションです。答 案を書くことが楽しくなってきたら合格は間違いないと思います。

日本史

・はじめに 「一橋の社会の試験は頭おかしい!!」ってのは一橋を受験しようと考える受験生の間 では結構有名な話かもしれません。過去問を解き始めたころは、こんなの解けるわけな いだろ…と思うかもしれませんが、私は日本史が得意科目でしたし、日本史のおかげで 合格できたと今でも思っています。特に社会学部志望のそこの君!!社会で点取れると 強いぞ!! ・特徴 一橋の日本史の二次試験は非常に特徴的です。最も特徴的な点として、与えられた400 字の原稿用紙の中でどの設問にどれだけの字数を掛けるかを自由に決めることができる という点があります。例えば大問1に問1~4があったとして、400字全て問2で埋めても いいってことです。点数がどうなるかは知りませんが。おそらく設問ごとに配点は決ま っていると思われるので、配点が高い問に字数を掛けられるよう、重要な問いを見分け る力が必要になってきます。内容としては例年、大問1は古代~近代(江戸時代)、大 問2は明治~大正前後、大問3は大正前後~戦後について問われます。 ・対策① 何よりもまず教科書を読みこみましょう。これが一番重要です。私は山川の詳説日本史 を愛用していましたが、一般的なものなら大丈夫だと思います。とにかく、教科書を何 度も読んで、歴史的展開の流れを頭に入れましょう。1つ1つの歴史的事件をただ覚えて いるだけでは、論述は書くことができませんからね。教科書には所々にコラムのような 欄がありますが、そのような部分もしっかりと読むべきだと思います。一橋、そういっ た細かい部分からの出題大好きです。 ・対策② 次に過去問についてです。一橋の日本史には頻出分野があります。過去に出題されたテ ーマと同じような出題が何度か繰り返し出題されているということです。この頻出分野 で完成度の高い答案を書けるようになるまで、何度も解きなおしましょう。最初からう まく書けるわけがないので、教科書を見ながら答案を作るのでも構わないと思います。 頻出分野でも異なる角度から問われている過去問も多いので、違う年度の同じような問 題を合わせて解いてみるのも結構有効な手段だと思いますよ。 ・私大について 私大を受験する方も多いと思いますが、個人的には私大は数学受験をオススメします。 私大の日本史はものすごく細かい知識を要求されるのですが、その知識が一橋の入試で 生きることは残念ながらありません。私は数学が苦手だからと日本史受験に逃げたばか りに、私大の日本史対策に非常に時間を取られてしまいました…ま、最後は好みですか ね!

地理

一橋の地理は日本一難しいとよく言われます。確かに問題で扱う国はマイナーなものばかりで、パッと見「こんなの知らねぇよ!」って思いますよね。ですが、ちょっと時間を かけて考えたり、ちょっと表のデータをいじってみたりするだけで、意外と解答の糸口が 見えてくるものです。 頻出テーマは産業、観光、都市、交通、貿易などで、また発展途上国が多く取り上げら れます。しかし、それらのテーマに絡めて自然地理が出題されることも最近は多く、結局 幅広い分野について熟知してないとなりません。経済系のテーマが多いとはいえ、全範囲 ちゃんと勉強しておきましょう。 一橋の地理では統計データがよく使われます。大量の数字を前にするとつい気が引けて しまいますが、近年はその量もかなり減っていますし実際着目すべきデータは一部分のみ であることも多いです。また、ただ数字を眺めるのではなく単位当たりの量を計算して比 べてみるなど、数字をいじってみると何か発見があるかもしれませんね。 では、勉強するうえで大事なポイントをご紹介します。 まず教材ですが、皆さんのレベルにも依りますが基本的には一橋の過去問のみで十分で しょう。ここでいう十分、というのは覚えるくらいまで何周も徹底的にやりこむくらいの ことと考えて下さい。一橋の地理の問題は傾向が変わることがあまりありませんし、聞か れ方もだいたい同じです。それに他大の入試問題で似た形式のものが少なく、あまり参考 にならないというのもありますしね(笑)。 問題を解く中で、しばしばマイナーな国の産業などの未知の内容に遭遇すると思います 。そこで諦めてよいか?もちろんNOですよね。ではどうするか。それは想像力を働かせ ることです。連想して、自分の知っている既知の内容とリンクさせる。そこから解答の糸 口がきっと見つかるでしょう。また一橋の地理では、しばしば多角的な視点が大事になり ます。国の位置、地形、人口、コスト、などなどいろいろな分野から考えてみよう、とい うことです。それに1つのことについて100字とか書いても中身のない文になってしまいま すし(笑)。多角的に考えてみると、いくつか解答に盛り込む要素が挙がるはずです。それ らを上手くまとめれば良いのです。これについては頑張って慣れて下さいとしか言えませ ん。学校や塾の先生に添削してもらうなどしてみて下さい。 地理は他校との併願がしにくい、よく分からないということで煙たがられがちですね。 実際地理受験の合格者は全体の1割しか占めていません。ですが安心してください。ただ 受験者数が少ないだけです。歴史選択勢に少数派の意地を見せてやって下さい。

倫理・政経

倫理政経(以下倫政)、それは国立大学入試において一橋だけが二次の科目として課してい る超マイナー科目で、実際アンケートによると今年倫政で受かった1年生の割合は全体の 「1%」。そう、この科目で受かれば君は100人に1人の逸材になり、新歓期には一躍クラ スの人気者、彼女だってできるのだ‼(※) 【一橋の二次倫政について】倫政の出題形式は他の社会科目と同じ400字×3問。倫理、政 治、経済が1問ずつ出題される。論述だけでなく、単純に語句や著書名を答えさせるもの もある。過去問を見るに、レベルは教科書、資料集の域を超えてはいないし、総じて問題 の難易度は世界史や地理のようにバカ高くはないので、一橋受験を決めている人にとって は意外と穴場だと思う(ちなみに筆者は現役で一橋を受けたとき「地理半端ないって。こ んなん解けへんやん、普通。」状態だったので浪人期に二次の社会を倫政に変えたという ヘタレ遍歴を持つ)。 【倫理】倫政で受かりたければここでしっかり稼ぎたい。倫理では例年教科書に太字で載 っているような思想家が出題される。基本的に西洋思想が出るが、十数年前に和辻哲郎に 関する問題が出たので、一応全範囲をしっかりやっておこう。勉強の流れとしては「教科 書を読んで知識を一通り詰める→教科書、資料集を使って思想家についてまとめる→過去 問→添削→復習」に尽きると思う。過去問を見ると何やら難しい文章などが引用されてい るが、実際の勝負は「出題された思想家についてどれだけ広く深く書けるか?」で決まる 。重要な思想家について、①その思想家の生きた時代背景(どのような問題があったのか ?)②思想(問題を打開するためにはどうすべきか?)③その思想は現代とどのような関連 があるか?)④著書名、このあたりを自分で書けるようになれば大体の問題に対応できる はずなので、手を動かしながら頑張って覚えよう。余裕のある人は思想家の比較にも取り 組んでみるとよい。近い時代を生きた2人、思想が正反対な2人などを比較することで更に 理解が深まるはずである。 【政治経済】政治経済は例年倫理より難しく、特に経済は表やデータから分析する情報量 が多いので苦戦すると思う。しかし、こちらもまずは教科書などを使って用語、原理など を正確に把握するところから始めよう。政治は、テキストの字面だけ見ていてはどうして も実感が伴わないこともあるので、「実際の国はどうなっているのか?」を常に意識する と良い。経済は暗記ではなく仕組み、現象の理解が重要なので少しでも曖昧なところがあ れば自分で例を考えてみたり、図を描いてみたりしてみながら進めよう。一通りのインプ ットが済んだら一問一答問題集などで知識を確認し、並行して論述の対策を始めよう。こ こでは一橋の過去問や市販の問題集に載っている論述問題、更に社会科学系の小論文の問 題などに取り組んで、周囲の頼れる人間に添削してもらうといい。時には添削してもらっ たものをリライトしてみるとより知識や上手い書き方が身につくと思う。いかんせん論述 対策の環境が整っていない政治経済だが、世の中には新聞やネットのニュース、学生にも やさしい新書などが出回っているので余裕があれば読んでみると現代の政治経済の論点な どが分かり、論述にも絶対に役立つはずである。 【参考書など】 筆者が受験期に使った参考書類です。良ければ参考にしてください。 教科書、資料集、東進センター倫政一問一答、センター試験政治経済集中講義(旺文社)、 哲学マップ(ちくま新書)(倫理対策として(10ページくらい)読んだ)、小論文のテキスト( 河合塾)(慶應経済の対策も兼ねてやった) 【最後に】 (※)に関して、100人に1人というのは統計上間違ってはいませんが僕は決して逸材ではな いし、クラスの人気者ではまずないし彼女もできていません(9月現在)。ウソついてすい ませんでした、受験勉強頑張ってください。

コラム~受験と○○~

受験とメンタル

受験勉強ってとても大変ですね…。「私、ほんとに受かるかな?」不安でいっぱいの人 も多いでしょう。私が受験生のときも同じような気持ちでした。では、どうすればマイナ スな精神状態を打ち破り、辛い時期を乗り越えられるのでしょうか。私が思った一番のポ イントは自分の「心の支えになるもの」を見つけ出すことです。例えば、受験期に私の支 えになったのが音楽です。休憩時間やお風呂に入った時には、好きなバンドの曲をガンガ ン聞いて、そして歌っていました!短い時間ですが、すごくストレスの発散となり、1日 の疲れもスッキリしたぐらいです。あとは友達とか家族とか先生とか、支えになる人達に 悩みを聞いてもらうこと。特に受験生はみんな似たような悩みや辛さを持っていると思う ので、一緒に相談したり、気持ちを共有したりすることは、とても良いことだと思います。

受験と家族

皆さんは家族と喧嘩したことはありますか?私は受験期に入るまでは親と喧嘩したこと はありませんでしたが、受験期にはよく大喧嘩をしていました。このコラムでは私自身の 体験を踏まえて、受験生はどう親と付き合うべきなのか、そして親御さんたちはどう子供 に接すれば良いのかを書きたいと思います。まず、自分の体験から書きたいと思います。 自分が親と喧嘩したのは「どこを志望校にするか」ということです。親はいわゆる大学の 「ランク」が高いところに行って欲しいと思っていました。そこで私のやりたいこととの すれ違いが起きて喧嘩になってしまいました。 親御さんには、子供達の意見をできるだけ尊重していただきたいと思います。自分が目 指したところへ向けて勉強する方がモチベーションを保つことができるからです。 受験生は、親を大切にした方が良いです。受験をできるのは親のおかげなので、たとえ 自分が不快に思うことがあったとしても、ぐっとこらえるのが良いと思います。親の偉大 さに気づくのは受験が終わってからなんですよ(笑)。 最後に、受験生と親御さんの両方にアドバイスがあります。それは「意見を言う時には 感情的にならずに論理的に言う」ということです。どっちも感情的になると話し合いでは なく罵倒のやりあいになってしまいます。こうなるとどっちにも何の得もありません(自 戒)。

受験と学校生活

➀部活について  私は高校時代体操部に所属していました。部活は週に3回あったのですが、活動がある 日は帰宅するとへとへとに疲れて勉強する気力が湧かなかったので、帰宅後すぐに寝てい ました。その代わりに部活のある日は少し早めに起きて勉強を、部活のない日はさぼらず にしっかりと勉強していました。 ②学校の授業・定期試験について  学校の授業は受験に直結する部分も多いので基本的にしっかりと聞いていました。また 定期試験も基礎的な知識の確認の意味で10位以内には入るようにきちんと勉強していまし た。しかし、高校3年生になってからは二次試験のための勉強に時間を割いていたため、 受験で武器にしたい英語数学以外の定期試験対策はしていませんでした。 ③先生について  学校の先生とはある程度仲良くなっておきましょう。とにかく嫌われはしないように( 笑)当然塾よりも学校にいる時間が長いので、疑問が生まれたらすぐに質問でき、また勉 強や日常に関する相談なども気軽にできるでしょう。

受験と睡眠

受験と睡眠について記していきたいと思います。人間の三大欲求に睡眠欲がありますよね。すなわち、睡眠というのは根本的に大事なものなのです。皆さんは「1日何時間寝れ ば良い。」のような文言を耳にすることが多いかもしれません。しかしながら、実際には 自分にとり最も適した睡眠時間は人それぞれです。ですから、試行錯誤しながらそれを探 してもらうのが良いと思います。5時間だけ寝ればお目目ぱっちりの人もいれば、8時間半 寝てもまだ眠たいという人もいます。睡眠時間だけではありません。同様にして何時から 何時までの間に寝るのかということも大事な部分になります。早く寝たい派の人もいれば 、遅くに寝たい派の人もいることでしょう。ただ、1点だけ言えるのは、本当に睡眠は試 験当日のコンディションに影響するということです。試験当日に目をこすり頭が回らない 中で試験を受けるのと、お目目ぱっちりで頭がグルングルンに回転している中で試験を受 けるのとでは、それはもう何十点も点数が変わってきます。ですから、皆さんも試験を良 いコンディションで受けられるように睡眠は大事にしましょう。ちなみに私は、ある程度 寝ないと学校の授業や自習に集中できなかったので、たくさん寝ることにしていました。 皆さんも自分に合った睡眠のスタイルを見つけられることを祈っています!

受験と体調管理

受験期の体調管理はほんとに大事です。もし体調を崩したら、勉強できる時間も効率も 下がってしまいます!いい体調を保つために、私がオススメしたいのは適度な運動です。 受験勉強ってすごく大変なことで、とても体力を消耗します。その中で、適度な運動はス トレスの発散になるし、記憶力と理解力も高まり、いい精神状態を維持することにも役立 ちます。受験直前期、私は放課後にいつも軽くジョギングをしました。20分くらいの短い 運動ですが、そのおかげで、夜の勉強にもっと集中できるようになり、そして受験期に一 回も風邪を引きませんでした!受験生のあなたもめんどくさがらないで、是非この方法を 試してみてはいかがでしょうか。

受験と友達~現役~

受験って基本的には孤独な戦いになります。最終的に受かるかどうかは自分の力次第だ し。でも、だからと言ってずっと1人で家に籠って勉強してると、精神的にきついと思い ます(僕なら病んじゃう笑)。僕は受験直前までずっと学校の図書館で友達と一緒に勉強を していて、休憩時間にはその友達とおしゃべりしてました。時には息抜きのはずが、逆に おしゃべりが盛り上がりすぎてメインになってしまう日も有りましたが(たしか一橋模試 の前日におしゃべりで丸々8時間溶かしたことがありました。我ながらあほすぎて笑えて きます。皆さんはマネしないで!)この休憩のおしゃべりを楽しみにしていたからこそ勉 強が好きではない僕でも受験勉強をやり抜くことができました!また受験の当日も休み時 間や帰りに友達と会話したほうが良いと思います。「周りは見知らぬ人ばかりで試験の重 圧に押しつぶされそう…」、そんな時に知ってる顔を見て会話が出来ると、それだけで大 分緊張は緩和されるはずです。受験生の皆さんは是非友達と一緒に本番まで乗り切ってく ださい!

受験と友達~浪人~

浪人生なら、友人との関係をどのようなものにするのかを1度は考えたことがあるだろう。予 備校に入ってからの友達とはもちろん、高校時代の友達とも関係が変わりどのように接してい いかわからない人も多いだろう。このコラムではそんな浪人生達のために、今年、一橋に見事 入学を果たした元浪人生達がどのように友人関係を築いていたか紹介しようと思う。  まず1人目は社会学部に入学したA.S.Cさん(女子コミュ強)。彼女はコミュ強中のコミュ強で 、予備校で多くの友達を作り、予備校の先生とも仲良くしていたみたいだ。また、受験勉強専 用のインスタのアカウントを作り、模試の結果などを共有し慰めあったり自分の励みとしてい た。  2人目は法学部に入学したI.Sさん(男子脳筋)。彼は現役時代遊びほうけていたせいで、浪人 が決まった時の学力は他の浪人生より大きく劣っていた。そのため彼は、予備校では友達を一 切作らず、浪人期の1年を全て勉強に捧げることを決意しそれを実行、見事合格を果たした。そ んな彼であったが、高校時代の友人とはそれなりに仲良くしていたようだ。現役で合格した友 人に大学の話を聞いて励みにしたり、彼と同じように浪人してしまった友達とはお互いの近況 報告も兼ねて、息抜きのため焼肉などに行っていたようである。  3人目は社会学部に入学したN.Mさん(女子おバカ)。彼女は2人目の例とは対照的である。予備 校ではそれなりに友達を作っていた一方、現役で受かった高校の友人とは一切会わなかったよ うである。現役で受かった友達と会えば、自分は劣等感を感じ立ち直ることができないと考え て会うのは控えていたようだ。  このように、浪人生の友人関係には様々な類型がある。それでも彼らに共通することがただ1 つ。たとえ友人関係がどうであっても、周りに流されず1年間諦めずに目標を貫き続けたこと。 入試が近づくごとに緊張感も増し、友人関係にも様々な変化が生じることもあるだろう。それ でも最後まで諦めずとことん勉強し、自分で納得のいく最後を目指そう!国立でお待ちしてい ます!!!!!!!

受験と恋愛~現役~

はい、どーも「受験と恋愛」現役編です。高校生といえば青春の最高潮!部活!遊び!勉強! 全てが輝いていることと存じます。そんな中、最も甘く酸っぱく青春時代のメインとも言える ファクター、それが恋愛です。ここでは体験談を基に、受験期における恋愛についてメリット とデメリット、そして自分の意見を語らせていただきたいと思います。  まず受験期に恋愛をするメリットについて。現在すでにお付き合いをしている人がいる方は 、(ここからは男目線で書かせていただきます)彼女と会うことでストレスから解放されたり、 一緒に勉強することでモチベが上がったりなどメンタル面的に受験に有効だと考えられます。 デメリットについては、彼女との関係について考えてばかりいて勉強に集中できない、デート に時間を取られる、逆にストレスなど、特に相手との関係があまり良好でない方、良好過ぎる 方、は要注意です。ただこれから彼女を作ろうなどと考えている方はやめた方がいいです。そ ちらばかり気になってデメリットしかありません。  ここからは自分の意見を話したいと思います。結論から言うと、受験期は彼女はいない方が いいでしょう。非リアの皆さんやったね。まずラインをしなければならないので、スマホを封 印できませんでした。また12/25なんてセンター直前であるのにも関わらず、時間を割かねばな らず正直きつかったです。何より、高校時代のカップルなど進路が同じでもない限り9割破綻し ます。僕もその一員です。もちろんいい距離感を取っている方や、しっかり断る勇気を備えて いる方は全然ラブラブしてくれて結構なのですが、ぁたし、別れようか迷ってるんだよねぃ… なんて方は明日にでも別れることをお勧めします。最後に、大学入ればみんなリア充になれま す!非リアの皆さんも安心して、大学に入ってから思いっきり恋愛を楽しみましょう!(大学 で彼女が作れていない筆者より)

受験と恋愛~浪人~

どーも受験と恋愛浪人編です。浪人期におけるお付き合いのメリットとデメリットに関し て少し私見を述べさせていただきます。 デメリットはありません。しかし筆者がそう断言できるのは高校時代の恋人と引き続き交 際を続けていく場合の話です。予備校で新たな恋を探すことはオススメしません。(筆者は 予備校で新たな恋を探したことがないのでよくわかりませんが)後述する天災に巻き込まれ て学業どころではなくなってしまう恐れがあります。デメリットについては以上です。 (ここからは高校時代にできた恋人と共に浪人期を乗り越えんとする君に。)メリットはや はり周囲に惑わされなくなることです。予備校は風紀が乱れがちです。男子校女子校から やってきた方々にとって久々の異性との再会の場となることもあり、予備校には恋のハリ ケーンが渦巻いています。周囲の浪人生(特に男子)の多くは受験の荒波ではなく、このハ リケーンに飲み込まれて難破しちゃいます。ナンパもしちゃいます。でも君は巻き込まれ ない。恋人の存在はイージス艦並みの安心感でハリケーンから君を守ってくれるはずです 。私見になりますがイージス艦が毎日出動する必要はないと思います。2週間に1回とか1 ヶ月に1回とか2人にとってちょうどいい軍事演習の頻度を見つけましょう。 たしかに不安もあると思います。恋人が現役だろうと浪人だろうと新たな出会いに直面し ているはずです。愛想をつかされちゃうんじゃないか。進学先のチャラいクッパに拐われ ちゃうんじゃないか。締め付けられる胸も1つや2つじゃないでしょう。でも大丈夫です。 受験が終わってからまた助けに行けばいいのですから。マリオだってピーチ姫が待ってい るからこそどんな崖でも飛び越えられるんです。学歴の1upを目指して頑張ってください ね。        ちなみに助け出したピーチはどこかに旅立って行きました

コラム~前日・当日~

数学0完でも受かる?!

皆さん数学は得意ですか?このコラムを読んでいるということは、あまり得意ではない のだと思います。何を隠そう筆者もその一人です。模試では軒並み偏差値50以下で、入試 本番も1問たりとも完答することはできませんでした。なぜこんな筆者が一橋に合格でき たのかをお教えしようと思います。  一橋の入試では数学の配点が高いです。その上、点差が開きやすいため、最も合否に影 響を与える科目であることは間違いないでしょう。つまり、数学は、苦手な人にとって周 囲に差をつけられてしまう科目なのです。その差を縮めるためには、解くことのできる問 題を見極める必要があります。一橋の数学は文系としては難しいですが、全5問の中に必 ず過去問の傾向に沿った問題や標準的な難易度の問題があります。こうした問題を得点源 にしていきましょう。同時に、試験の際一つの問題に固執するのは禁物です。時間の浪費 を避けるため、わからない問題は後回しにしましょう。数学0完で合格する人に共通する ことは、完答せずとも典型問題の解き方を理解し答案に示せていることです。  また、数学の得点が伸び悩む以上、他の教科で補う必要があります。数学に時間を割き 過ぎず、他教科、特に配点の高い英語の実力強化に努めましょう。社会学部志望の場合、 併せて地歴公民の学習を徹底すると合格がぐっと近づきます。  いずれにせよ、 1 典型問題を確実に解く力を身に付ける 2 数学以外の科目で他の受験生に差をつける この2つを達成すれば、数学0完での合格も十分可能です。数学嫌いなそこの君、諦めない で合格を目指そう!

当日アクシデント

2018年2月25日、午前9時30分、西本館21教室。一橋の二次試験の会場でド緊張の私は、それ を和らげてくれるもの探しに必死。今考えれば勉強しろよって話なんですけどね、その時は何か面 白いものを見つけようとしていました。5人の試験監督が入ってきて、いよいよかと思ったその時、私 、気がついちゃいました。今私の前にいる試験監督、どう考えてもカツラじゃん!いいネタを見つけ た、緊張しすぎたらあの人見たらいいや、とか思っていた当時の私。甘い。このカツラ監督、1番窓 際の座席だった私の視界に入る位置に座り、寝たり、鼻ほじったり、カツラ直したり、試験監督マニ ュアルを紙飛行機にしたりと、もうやりたい放題。それが気になりすぎた私は、結局全く集中できず 、試験が終わるころには「落ちたな」という感覚以外、何も残っていませんでした。  これはかなり特殊な例ですが…(笑)皆さんにも試験や模試に限らず、普段の勉強でも集中できな いときありますよね。隣の人の貧乏ゆすりがえげつないときとか、どうしても眠いときとか…そんな時 は無理に集中しようとしなくていいと思います。実際私は、1日目に先のカツラ監督にペースを乱さ れましたが、2日目は「集中できない」という感覚で頭がいっぱいになってはもったいないと思い、「 この監督のこと、明日学校で誰に話そうか」とか余計なことも(もちろん真面目なことも)考えながら受 験していました(笑)そんな感じで、程よく肩の力を抜いて望めば、自然と実力を発揮できると思いま す。 皆さんがこんな試験監督に出会わず、無事一橋に合格できますように!(笑)もしも出会ってしま ったら…一橋に、KODAIRA祭の受験生応援企画に入って、ぜひ黄本に書いてください。いいネタ お待ちしています(笑)

試験前日の過ごし方

試験前日の過ごし方は様々です。リラックスするために全く勉強しない、いつものペー スを乱さないようにしっかり勉強する、最低限の確認だけしてあとは本番に備える、など が主な過ごし方でしょうか。私の場合はセンター前日には暗記系科目を中心に普段の3分 の1くらいの時間勉強し、二次試験前日は自作のまとめノートを少し見返したくらいでほ とんど勉強はしませんでした。今更勉強したってどうしようもないよね、と親に言い訳を してオリンピックを見ていました。  試験前日に勉強するメリットとしては、勉強することで緊張や不安を取り払える、類題 が次の日に出るかもしれない、などがあげられると思います。逆にデメリットはわからな い問題が出てきたときにかえって自信を失ってしまったり、緊張や非日常感から勉強して も頭に入ってこなかったりすることなどでしょうか。  どのように過ごすかは本当に人それぞれです。事前に立てた計画通りに過ごしても良い し、その日の気分で勉強量を変えても良いと思います。何よりも大切なのは翌日の試験で 100%実力を出し切ることです。そのためにも、当たり前ですが早めに布団に入ることだ けは心がけていた方が良いと思います。あとはどう過ごすのも個人の自由です。大切な試 験の前日を有意義に使ってください。

試験当日の持ち物

今日は受験当日の持ち物について紹介するぜ!まず忘れちゃあいけないのは【受験票 】!これが無いと焦っちまうし、当日いろいろ面倒臭いから絶対持って行けよな!2次試 験で必要なのはなんと2種類!【一橋大学受験票】はもちろん、【センター試験受験票】 も必要なんだぜ!これは注意してくれよな!次!【筆記用具】!これが無いと解答用紙に 何も書けないぜ!シャーペン、シャーペンの芯、消しゴムは必需品!センター試験のとき は鉛筆も忘れずにな!だいぶ効率が変わるぜ!次に【腕時計】!試験場には時計がない(外 されている)こともあるから、これは忘れないでくれよな!首を上げて時間を確認しなくて も良いから便利だぜ!ここまでは必需品! ここからはあった方が良いものを紹介するぜ!まずは【勉強道具】!まあこれは自分が 今までやってきたことを見て自信にもなるし、直前に見たところが出ることだってあるん だぜ(筆者は昼休みに日本史の教科書を開いていたところ、本当にそこが出て書けました 。+15点合格だったので危なかった…。)!だけど、重くなりすぎないようにだけ注意して くれよな!そして【カイロ】もあると便利!試験は冬!冬!冬真っ盛り!冬眠してる動物 も多いけど皆はバリバリ頭を使わなくちゃだからこれで暖をとろう!あとは【ティッシュ 】【ハンカチ】【常備薬】【昼飯】あたりは忘れないようにな!ちなみにオレは【チョコ 】をよく食べて糖分摂取してたぜ!じゃあみんな忘れもんだけしないようにな!あばよ!

小平寮特集

小平国際学生宿舎、通称こだ寮に住んでいる私が、寮生活について話していきます!  まず、こだ寮は一橋大学の寮で、小平キャンパスにあります。小平キャンパスでは授業は行われておらず、主に体育会の部活の活動場所となっています。授業はすべて国立駅近くの国立キャンパスで行われているので、毎日そこまで通学することになります。こだ寮から国立キャンパスへの行き方は主に2つあります。1つは自転車。もう1つは電車。自転車だと平均30分くらいかかります。男子だと20分くらいと言っている人もいますね。ただ、とにかく坂道なので、なかなかつらいです。電車だと、寮の最寄り駅、一橋学園駅まで徒歩7分くらい、そこから国分寺駅まで1駅、西武多摩湖線に乗ります。そこから中央線で2駅乗って国立駅に行き、国立駅からキャンパスまで徒歩7分くらいです。寮からキャンパスまで30分くらいです。寮ってキャンパスから近いイメージがあるけど、やや遠いですね~。みんなどちらを使っているのか?自転車通学もいることにはいますが、7割くらいは電車を使っているような気がします。男子も電車通学結構います。これは、自転車疲れる!という理由に加え、お金の問題もある気がします。国立駅と一橋学園駅は往復600円かかるのですが、国立一橋学園駅間の定期は1か月約3500円なので(3か月定期金額を3で割った場合)、雨などで電車を使う日が月6日以上の場合、電車通学のほうが安いのです。どちらがいいのか、悩みどころですね。寮の費用については、何やら今年から金額が変わるようなので私は参考になることをお伝え出来なそうです…。ホームページを見て調べてみてください! さて、本題の寮生活です!部屋は2種類あって、個室と6人1部屋の2種類あります。個室は6畳ほどの部屋にベッド、机や棚、トイレと洗面台が備え付けられていて、共同のキッチン(大きなテーブルとイス、ソファ、テレビなどもあり、リビングみたいな感じです)とシャワーが階ごとにあります。6人1部屋の共同部屋には、キッチン、トイレ、シャワーと、6人それぞれの個室があります。どちらにしてもキッチンが共有なわけですが、それがとても楽しいと私は思います!共有スペースに行けば誰かがいて、ワイワイ話しながら料理できます。こだ寮は国際学生宿舎というだけあって、韓国や中国、台湾、ドイツ、スウェーデンなど様々な国からの留学生がいるので、プチ留学している気分です。話通じるのかな?英語あんまり得意じゃないけど大丈夫かな?と心配する方もいるかとは思いますが(私も入寮する前不安でした)、全く心配いりません。彼らは日本語めちゃめちゃ話せるので、日本語で普通に会話できます!また、フロアパーティーという、キッチンやシャワーを供するメンバーがキッチンに集まってワイワイ楽しむパーティーがあります。これがとても楽しいんです。たこ焼きをみんなで焼く時もあれば、おいしいものを買ってきて食べる時もあります。2か月に1回くらい開催されます。あ、そうだ、私は今年のワールドカップ、韓国人やスウェーデン人、ドイツ人と一緒に共同キッチンで見ましたよ!グローバルでいい環境です。1人がいいときは部屋にこもって、人と話したいときは共有キッチンに行って話して、という感じで、寮生活とても楽しいです!

学部紹介

経済学部

二次試験で数学の配点が最も高い経済学部ですが、入学後でも数学の必修科目や日本史 ・世界史・倫理の知識を使う学部科目があるため、他学部よりも受験で培った知識が役立 つ印象を受けました。入学して気づいたことなのですが、経済学部は「パラダイス経済( 通称:パラ経)」と呼ばれており、4学部の中で最も楽な学部のようです(笑)。何が楽なの かというと、出席のない(期末テストだけで成績がつく)授業がとても多いので自由時間を 沢山作ることができます。空いた時間を利用してサークルや自習、バイト、趣味などに打 ち込むことができます。また、商学部と社会学部が1年生から必修のゼミナールがあるの に対し経済学部は3年生からです。このように、経済学部に入ると他学部よりも比較的自 由に時間を使うことができるので経済学部はおススメです!

商学部

商学部は、一橋大学の輝かしい歴史の中心に位置する看板学部です。1年次は経営学入門 ・会計学入門・金融入門・マーケティング入門・ビジネスエコノミクス入門という科目が 必修となっています。5つの入門科目のうち、「経営学入門」は筆者のお気に入りです! 経営学は主に経営戦略やマーケティングなど、経営に即した専門的なことを学んでいきま す。これらの知識を身に付くと、もっと広い視野から物事を見られるようになり、多様な 考え方も生み出せます。入門科目の授業を通して、基礎を学ぶだけでなく、自分がどの分 野に対し、関心を持っているかをじっくり探れることも商学部の魅力です。また、1年次 から少人数のゼミナールを受けられるのも、大きな特徴です。各ゼミナールの専門はそれ ぞれ違うので、テキストから興味のあるゼミナールを選び、様々な分野で深く掘り下げる 事ができます(最初だけ抽選で決めます。)。筆者のゼミナールが扱っているのは「会社は これからどうなるのか」という本です。日本型資本主義、日本の会社の特殊性と普遍性な どのテーマについて、毎回ゼミナールでディスカッションを行います。専門用語は多いで すが、先生が丁寧に説明してくれますし、他の人と意見を交換することもできるので、楽 しい雰囲気の中でたくさん勉強できます。ビジネスの世界に興味を持っている人、商学部 でお待ちしています。

法学部

一橋で人数が一番少ない(170人)法学部の紹介をします!入試においては英語とセンター 試験の配点が高いのが特徴です。センターを侮ってはいけません。また、全科目バランス 良く得点しないといけません! 一橋の法学部の特徴は国際系の科目が学部科目として多く用意されていることです。具 体的には国際安全保障やアメリカ政治外交史、地域交流ネットワーク論、対外政策論など です。その為、三年生になると国際関係コースか法学コースかを選択し、それに関するゼ ミを履修し専門的に学ぶことになります。法曹に進みたい人以外にも、国際関係や国際政 治に興味ある方は法学部への入部をお勧めします。一年生は入学するとまず「実定法と社 会」、「法と社会」、「現代国際社会と政治」の中からから二つを選び導入的な勉強をし ます。このうち僕のオススメは「実定法と社会」という、憲法、刑事法、民事法、労働法 ・企業法分野のオムニバス式授業で、具体的な事例・判例を基に法学的にどう考えていく のかを学ぶものです。法学部は1限に週2日で入る授業が多いので朝に強くないといけませ ん!朝は非常に辛いですが、気力を振り絞って通学しましょう。

社会学部

「一橋大学社会学部に在籍しています。」と言うと、かなりの確率で「社会学部って何 するの?」と聞かれるのですが、正直なところ私もまだ自信を持って答えられません笑。 というのも社会学部では、社会学に限らず社会科学全般を学びます。定義的には曖昧に感 じられるかもしれませんが、この曖昧さこそが社会学部の魅力ではないかと思います。具 体的に言えば、他学部に比べて必修科目が少ないため、自分の興味に合わせて比較的自由 に履修を組むことができるということです。 その他の社会学部の特徴といえば、他学部に比べて女子の割合が大きいこと(2018年度 の入学者についていえば、女子の人数が男子を上回ったという噂も…)、スポーツ方法と いう授業(高校でいう体育)が唯一必修であることなどが挙げられます。 1年の春夏学期で必修となる「社会科学概論Ⅰ」という授業では、科学とは何かなどの 抽象的なテーマについて、大きなホールで議論を交わしました。高校の時とは授業形態が 全く異なるので、新鮮で興味深い授業でした! 将来やりたいことが決まっている人もそうでない人も、社会学部で多種多様な学問に触 れて自分の視野を広げてみませんか?

じゅけぱについて

LIVE

毎年KODAIRA祭では、受験生やその保護者の皆様向けのLIVE企画を行っております。 全てのLIVEをその年の新入生が進行しており、ついこの間まで受験生であった彼らの声に 「生で」触れることは、受験生の皆さんにとって貴重な体験となるでしょう!前回の KODAIRA祭では「合格への軌跡~LIVE VERSION~」「一橋生の生活~LIVE VERSION~」「VS2018一橋数学・英語」の3つのLIVE企画を行いました! ・合格への軌跡~LIVE VERSION~  各学部に合格した新入生が合格体験談を語りました。見事合格を勝ち取った彼らがどの ような「軌跡」を歩んできたのかご紹介致しました。 ・一橋生の生活~LIVE VERSION~  各学部に合格した新入生が、合格体験談に止まらず、具体的な勉強方法や彼らが受験生 だった頃の恋愛事情、さらには一橋生となった今どのような生活を送っているかなど、一 橋大生についてのあれこれを語りました。 ・VS2018一橋数学・英語  各学部に合格した新入生が、二次試験当日、どのように考えどのように解答したかなど を再現答案を元に語りました。また、具体的な勉強方法や彼らの模試の結果なども紹介し ました。

キャンパスツアー

毎年KODAIRA祭では、キャンパスツアーを行っております。自然豊かな一橋大学のキ ャンパスを巡り、本学のシンボルでもある兼松講堂を始め、図書館大閲覧室、インテリジ ェントホールなど荘厳で趣のある建築にご案内致します!ツアー中は一橋大学に関するマ ル秘情報も・・・?KODAIRA祭に訪れた際には是非キャンパスツアーにお越しください !

黄本

「黄本」とは毎年KODAIRA祭が無料で配布する受験に役立つ様々な情報をまとめた受 験生応援冊子です。合格体験記(=「合格への軌跡」)や勉強方法、おすすめ参考書など全て の記事がその年の新入生によって書かれており、製本作業も全て彼らが手作業で行ってい ます。ついこの間まで受験生であった彼らが綴り、丹精を込めて作り上げた「黄本」 は、受験生の皆さんにとって役立つこと間違いなしです!!!!KODAIRA祭に訪れた際 には是非お持ち帰りください!

相談室

毎年KODAIRA祭にて受験相談を行っています。全て現役の一橋大生が相談に乗ります ので、受験生の皆さんにとって役立つこと間違いなしです!受験生はもちろん、保護者の 皆様も大歓迎ですので、KODAIRA祭に訪れた際には是非いらしてください!

二次試験当日ドキュメント

首都圏

【前日】

できるだけいつもと同じように過ごして平常心を保とうと心がけていたため、それまで と同じように国語、数学の過去問の2周目をやりました。前日だし今更やっても変わらな いだろうという考えもよぎりましたが、やらなかったことで後悔したくなかったのででき ることは全部やろうという気持ちで最後まで頑張りました。でも前日の夜少しオリンピッ クを観て、熱い試合にパワーをもらいました(笑)。

【1日目】

いつもと同じように朝ごはんを食べ(腹持ちのいいお米にしてもらいました)、8時半く らいに家を出発。電車の中ではずっと自作の国語の単語帳と過去問を見直していました。 そして9時50分くらいに一橋に到着。中に入って学生に暖かい飲み物とお菓子をもらい、 頑張ってくださいと声をかけてもらったとき、「やっぱりこの大学に入りたい」という気 持ちが強まったのを覚えています。 1科目目の国語、大問1は文章が難しくてあまり良い手応えではなかったけれど、大問 2、3は比較的とっつきやすかったので全体としては良い感触でした。お昼に母の作ってく れたお弁当を開けると「今までよく頑張ったね」と書かれた母からのメッセージが入って いて、感傷に浸って泣きそうになりながら(てか、もう泣いた)、なんとかお昼を食べ、数 学の過去問を見直しました。直前のメンタルを保つため、よくできた冠模試の数学の見直 しに特に力を入れ、「私は数強…!」と自己暗示をかけました(笑)。 そしていよいよ数学。社学だけど2完くらいしたいと思っていましたが、大問1〜4はほ ぼ撃沈…。絶望しました。0完の恐怖に怯えながら幾度も計算ミスを重ねたのち、なんと か大問3と大問5の答えにはたどり着きましたが、ほぼ白紙の解答用紙をみて「あーもう落 ちたな。」と思っていました。 1日目終了後は数学のやらかした感でものすごく落ち込みましたが、翌日の得意科目の 英語と世界史で何点取れれば受かるかを計算して、希望を捨てないようにしました。母親 にも「あんたには英語があるやろ、明日は明日で切り替えなあかん。」とゴリゴリの関西 弁で喝を入れられて(笑)、なんとかメンタルを保ちました。その日の夜は英語、世界史の 過去問を見直して、早めに寝ました。

【2日目】

雪を心配して2月25日の夜は立川のホテルに宿泊したため、前日よりはゆっくり寝るこ とができました(結局降らなかった)。 数学の大惨事を取り返すために英語は頑張ろう、自分の実力が出せれば大丈夫と自分に 言い聞かせて迎えた1科目目。大問5のリスニングの解答欄が記号形式に変わっているのを 透けで確認した瞬間、勝ちを確信しました(笑)。 大問1は読みやすい文章で、30分くらいで片付けましたが、大問2はなぜか何回読んでも 内容が頭に入って来ず、苦戦しました。大問3の語句の並べ替え問題も自信を持って答え られる問題がほぼなかったです。大問1、2で、文の全体像が見えてなくても解ける和訳問 題が多かったのが唯一の救いでしたが、英語がダントツの得意科目で、正直過去問演習な どでも一橋の英語長文を難しいと思ったことがなかったので、この手応えには相当焦りま した。 英語が微妙な感触で、不合格がもうすぐそこまで迫っていると感じましたが、泣いても 笑ってもあと1科目だからベストを尽くそうという謎の俯瞰スイッチが入り笑、お昼休み は最後の世界史復習にあてました。頻出分野を中心に17年分見直しました。先生に添削し てもらった論述を見ていると、自分の努力の跡が見えて精神が安定するのでおすすめです (笑)。   2科目目の世界史。問題をざっと見ると、大問1は書く内容なんとなくわかりましたが、 大問2は文化史チックな内容でもうちんぷんかんぷん。大問3は頻出分野だったのでまずそ こから攻め、前の大問に戻りました。 大問1は、空間革命という聞いたことのないテーマで書かなくてはならず、11〜13世紀 、ヨーロッパという問題文のキーワードから、西ヨーロッパ世界の拡大に焦点を絞って答 案を作りました。大問2はきっと他の受験生もできていないだろうと思ったので、とりあ えずわかる人名だけ書いてあとは適当に埋めました。 世界史もいつもに比べたら手応えは微妙でしたが、取らなくてはいけないところは取っ た気がしていたので1日目よりは落ち着いた精神状態で2日目を終えることができました。 むしろ誰もわからないような問題を出した一橋大学の教授に内心キレるくらいの心の余裕 がありました。 ただ英語の出来に全く自信がなかったので、結果は半々くらいの確率かなと思いながら 、やることはやったという清々しさを胸に一橋大学を後にしました。 合格発表までは、後期の勉強はしていませんでしたが心を乱されたくなかったので解答 速報は見ませんでした。合格が分かった時は、自分の頑張りだけでなく、先生や親の思い が全て報われたような気がして自然と涙が出ました。

地方

直前期

過去問を毎日1年分解くのと、英単語や計算のパターンなど基本事項の復習をひたすらや っていました。試験は朝から始まるので、朝から実力が出るように、朝型の生活になれる ように夜11時には寝るようにしていました。あと、メンタルを整えるために毎日当時添削 をしてくれていた学校の先生に会いに行き、話し相手になってもらっていました。 入試当日に食べるちょっと良いお菓子(マドレーヌとか笑)を準備し気分が少しでも上がる ようにしました。

1日目

私は地方出身なので前日に上京し、吉祥寺のホテルに泊まって準備しました。新幹線で京 大の世界史の過去問を解いて自信を付け、ホテルに着いてからは英単語や数学のノートを 見つつ、リラックスしていました。少しオリンピックも見ていました。しかしハプニング もありました。受験にあたって、父親に付いて来てもらったのですが、夜、父親のいびき がうるさすぎて1ミリも眠れなかったのです。そのまま朝を迎えてしまい、人生で初めて 親にキレました(笑)。怒りと絶望で何かが吹っ切れ、緊張感が無くなり、今振り返れば むしろ良かったのではと思っています。大学では制服で行きました。試験会場は幸運にも 前後左右制服の人が座っていたので比較的安心できました。国語はいつもよりできた気が して、ルンルンで昼休みを迎えました。西キャンパスを散歩し、春から絶対ここで勉強す るんだと意気込みました。というものの、学校指定の見た目がごついくるぶしまで長さの あるコートに顔に合わない大きなマスクを装着し、一番お気に入りの大きめのぬいぐるみ とビタミン剤を持つというあきらかやばい格好で構内を散歩(徘徊)していました(真顔)。周 りの受験生にドン引かれながら自分の好きなようにリラックスできたことは、入試で勝っ た一因になったと思います。そのあとの数学は少し緊張したものの、いつも以上の力を発 揮することができたと思います。あとあと自己採点したら4完していました。

2日目

父が私が寝るまで寝ないでくれるなど最大の配慮をしてくれたため、ある程度眠れました 。そして、前日の数学でほぼ勝ったなと思っていたので、大分落ち着いていました。英語 は私の苦手だったディクテーションがなくなり、記号問題になったので、心の中でむせび 泣きました。なんとか足を引っ張らないようにやり切り、2日目の昼休みを迎えました。 いつもの装備で()キャンパスを1人で散歩し、最後の世界史に向けて士気を高めました。そ して、世界史が始まりました。問題2が久しぶりに一橋特有の癖のある問題が出たので皆 苦戦したようですが、実は、私にとっては直前期に学校で世界史の先生と確認したところ がそのまんま出たのでそのときに完全に勝利を確信しました。最後5分、見直ししている ときに、今までD判定以上の結果を出せず苦しんだことや、夏休みにストレスで体調不良 が続いたこと、先生に期待されていなかったこと、それでも自分のことを理解し最後まで 応援してくれた数人の先生や友達、親のことを走馬灯のように思い出して、1人涙ぐんで いたのを今でも覚えています。

試験後

父親に多分勝ったと自信満々に伝え(失敗してもそうするつもりでした)、前期受験を終え た達成感を噛み締めながら東京駅に向かいました。東京駅で父に、食べたいもの(牛丼、唐 揚げ、シュウマイ、アイス、ショートケーキ、お菓子・・・笑)を全部買ってもらい、帰り の新幹線で1人パーティーをしました(父はいびきをかいて寝ていました笑)。楽しかったで す。

合格発表

地方勢なので、直接掲示板を見に行くことができず、携帯で合否を確認しました。自分の 番号を見つけたときは嬉しくて人生では初めて自然と涙が出てくるという体験をしました( 笑)。しかし、私の親友の受けた大学の合格発表は一橋の1時間後で、親友の合否が決まる までそわそわは続きました。そして母は、私の合格発表では全然泣かなかったのに、親友 の合格をきいて号泣するという謎の行動をしていました。おーい、笑

最後に

受験は本当に何があるかわかりません。まさか父親のいびきのせいで夜一睡もできないな んて全く思っていませんでした。しかし、そんなハプニングがあったとしても、そこまで 慌てることなく、むしろ本領発揮することができたのは、当日までに不断の努力を続け、 自信をつけて、どんなことが起きてもある程度対応することができていたからだと思いま す。 ですので、これから受験する皆さんも焦らず平常心で勉強にコツコツ取り込んで欲しいと 思います。