: PROJECT ecoDAIRA|一橋大学第21回KODAIRA祭

PROJECT ecoDAIRA

例年、KODAIRA祭は多くの企画や模擬店で盛り上がりますが、同時に大量の廃棄物が出ていることをご存知ですか?
そこで、少しでも環境への負担を減らすためにKODAIRA祭では「PROJECT ecoDAIRA」と題し、様々な取り組みを行っています。

具体的な取り組み

ごみの分別

KODAIRA祭では来場者の方に、ごみの7種類分別にご協力いただいています。
分からない場合にはごみセンター(※キャンパス内でごみを回収する場所)に担当委員がいますので、遠慮なくお聞きください。
リサイクルが適切に、効率的に行われるためにも理解・ご協力のほどよろしくお願いします。
以下が、ごみの分別一覧です。

可燃ごみ不燃ごみ生ごみ缶とビンペットボトルエコトレー割り箸

また、委員会として上記とは別に細かい分別項目ももうけています。 参加団体の方は、ご協力をお願いします。

エコトレーの使用

 使い終わったら、表面のフィルムを剥がすことで、トレーそのものをリサイクルすることのできる容器、「クロスワードパズル」を使用しています。

フィルムのはがし方

KODAIRA祭では多くの模擬店にエコトレーの使用をお願いしています。
来場者の皆様には、ごみセンターにおいて、このフィルムを剥がしていただいています。エコを体感していただけたら幸いです。
※表面のフィルムは不燃ごみとして処理します。

割り箸について

国産の間伐材を福祉施設の方が加工した、樹恩割り箸を使用しています。
間伐材を使用することで、過度な森林伐採を防ぐことができています。また、使用後の割り箸は製紙工場において、新たな紙製品にリサイクルされます。

廃油リサイクル

KODAIRA祭では、模擬店から食用油を回収し、リサイクルしています。回収した廃油は、業者で高精度に精製され、再生油として工業用油脂や代替燃料に生まれ変わります。

エコ企画

多くの方に、環境に配慮した取り組みを知っていただくために、エコ企画として「エコクロスワードパズル」を実施しています。

東キャンパスの清掃

今年度のキャンパス清掃は6月5日(月)を予定しています。
後日、詳細について、お知らせいたします。更新まで、しばらくお待ちください。