: What's KODA|一橋大学第21回KODAIRA祭

What's KODA

開催概要

開催日: 2017年 6/10(土)・6/11(日)
時間: 10:00~16:00
場所: 一橋大学 国立キャンパス

KODAIRA祭とは

例年6月に一橋大学国立キャンパスで開催される学園祭で、新入生が主体となって参加しています。クラス単位での模擬店の出店・ステージ企画への参加、もしくは祭を創り上げる実行委員としての参加などを通じて、新入生たちがお互いの絆を深める絶好の機会となっています。学内では新歓期の締めくくりとしても認識されています。さらに、有名人を招いた講演会や黄本で有名な受験生応援企画、お子様も楽しんでいただける企画などがあり、毎年多くの方にご来場いただいています。

第21回KODAIRA祭のテーマ・ロゴについて

昨年20回という節目を迎えたKODAIRA祭ですが、今年は今まで以上にお祭りの賑やかさや華やかさを大切にし、来場者及び新入生が楽しめる雰囲気を創出したいという理由から、テーマを「SHOW TIME」に決定いたしました。
今年のロゴは、エンターテインメント性溢れる星やシルクハットに、各企画を連想させるようなマイク、バルーン、映写機などを添え、テーマを反映したデザインとなりました。
新しく生まれ変わったKODAIRA祭を是非お楽しみください。

What's KODAMA???

こだまちゃん

名前:こだま
性別:おとこのこ(でも、こだまちゃんって呼ばれちゃう)
種類:うさぎ(こだいらびっと)
好きなこと:お祭り、おさんぽ、ねること、はねること

こだまのこばなし

むかしむかし、国立の森の近く、小平の森に、こだまというなまえのうさぎがいました。
そのころ、小平には一橋大学の小平キャンパスが置かれており、1、2年生が学んでいました。
そこでは毎年、「小平祭」というお祭りが行われており、こだまもこっそりまきれこんではたのしんでいました。
しかし、ある日、小平キャンパスの国立キャンパスへの統廃合が決められ、小平祭もなくなってしまいました。
悲しみにくれたこだまは、何年もの間眠り込んでしまいました……

こだま泣き寝入り

およそ18年後。こだまは目をさまし、ふらふらとあてどなくさまよい歩いていました。
すると突然、だれかにつかまってしまったのです!
振り返ってみると、それはとある一橋生でした。
彼は、こだまにいろんなことをはなしました。ここは国立にある国立キャンパスであること。「小平祭」は「KODAIRA祭」として生まれ変わり、国立キャンパスで行われていること。自分はKODAIRA祭実行委員であること。
こだまはお祭りが続いていたことに大喜びし、自分も委員になりたい!とお願いしました。
そこで、こだまは晴れてKODAIRA祭公式キャラクターに任命されたのです。

喜ぶこだま